本場中国の餃子について

本場中国の餃子について

「餃子」は世界的に知られる中国の伝統料理です。経済が発展し人々の生活が豊かになった中国において、餃子は誰もが食べられる主食の1つとなりましたが、まだ食糧が豊富になかった時代、餃子は、正月やお祝いの席でしか食べられないご馳走でした。また、餃子はその形が中国の古銭「元宝」に似ていることから、縁起の良い食べ物とされてきました。大晦日に家族や親戚が集まり一緒にご飯を食べる「年夜飯」が終わると、みんな揃って餃子を包み、新年が明けるとそれをみんなで食べるのです。日本で餃子といえば、一般的には「焼き餃子」のことを指し、「ラーメン餃子セット」や「餃子定食」といったように、おかずとして食べられる場合が多い餃子ですが、本場の中国では、餃子は主食として食べられています。中国で餃子といえば「水餃子」のことを指します。日本の餃子よりも皮が厚く中身がジューシーな中国の餃子は、主食としても十分なボリュームがあります。中国にも焼き餃子はありますが、主に残り物の水餃子の再利用として作られることが多いようです。中国の餃子は日本と比べると、とてもシンプルなものが多くなっています。「肉とニラ」「肉と白菜」「肉とキャベツ」などのシンプルな餡が好まれています。日本人は様々な材料を組み合わせ、味に奥行きをもたせる調理が得意ですが、中国人にとって日本の餃子は、味が複雑すぎると感じられるようです。ですが、中国でも餃子専門店となるとまた違い、びっくりするくらい何十種類もの餃子があるそうです。また日本の餃子にはお馴染みのニンニクも、中国の餃子には入れる習慣がありません。

新着情報

おすすめサイト

関連情報