日本の餃子|本場中国の餃子について

本場中国の餃子について

餃子は言わずと知れた、中国伝統料理の一つです。日本では薄い皮の焼餃子が一般的ですが、中国では皮の厚い水餃子が一般的です。また、形も様々で、金魚や白菜などの餃子もあり、目で見て楽しむこともできます。その歴史は古く、中国では紀元前6世紀ごろの遺跡から食べられた痕跡が発見されているそうです。日本では江戸時代に伝えられたと言われております。現在では、中華料理店やラーメン店で、定番の人気メニューであり、欠かすことの出来ない料理といえます。中国のみならず、世界各国に餃子やそれに類似したものがある街があります。日本でも、餃子で有名な街がいくつもあります。宇都宮市や静岡市などが有名です。大きさ、形、餡など、それぞれ特徴のある餃子です。餃子の専門店も多くあり、全国各地からその味を楽しみに訪れる客もいるほどです。近年では、B級ご当地グルメの大会なども開催され、各町の団体が町おこしの一環としてこれらに参加し、その中には餃子で参加する団体もあります。大会などを通じ、新たなる餃子の街が生まれ、日本独自の餃子文化が進むと思います。日本には約5200軒の餃子のお店があると言われています。最近では、店で食べるだけではく、家庭で餃子を作る人も増えています。スーパーなどの店頭には数種類の大きさ、枚数などのちがう皮が並び、各家庭に合うものを選ぶことができます。餃子用と記された肉や、すでに餡の状態で店頭に並んでいるものもあります。また、餃子を包むための道具も販売されており、家庭で気軽に楽しめるようになりました。肉も野菜も摂取できる餃子。食べるだけでなく、作る楽しみも増えます。自分だけのオリジナル餃子を作るのもいいものですね。

震災の時に食べた思い出の餃子

私は宮城県の石巻市に住んでいます。東日本大震災の本震の時には仕事で自宅を離れていました。津波から避難した高台から、4日間出られず、やっと自宅に帰って主人と合流し、津波被害のなかった内陸部にある主人の実家に身を寄せました。主人の実家に避難するまでは、ろくな食事も食べられなかったため、主人の実家で食べた食事はとてもおいしく感じましたが、私たち夫婦には、震災のときに購入できた冷凍餃子の味が忘れられません。主人の実家には2週間近く避難させてもらいましたが、自宅をいつまでも留守に出来ないと思い、石巻に戻ることにしました。

1つ食べたら何個でも食べてしまう餃子

餃子の歴史は古く、中国の春秋時代から食べられていたという遺跡が見つかりました。春秋時代と言われても・・・と思いますよね。もう少しわかりやすく言うと、紀元前6年に餃子が食べられている痕跡が見つかったそうです。餃子は中国華北の料理で、北京語ではジャオズ、チャオズと呼ばれています。特に中国東北部でよく食べられているそうです。餃子とは別に華南で点心として食べられている蒸し餃子があります。

餃子の種類

餃子にはいろいろな種類があります。中身の餡によっても違いますし、焼き餃子、水餃子、蒸し餃子、揚げ餃子やスープ餃子など調理法によってもいろいろ変わります。そのなかでも代表的なものをいくつかご紹介します。まず、焼き餃子です。日本では代表的な食べ方です。第二次世界大戦後に中国からひきあげてきた人々が日本で広めたといわれています。油で皮をパリパリに焼いたものが普通ですが、焼く際に水でといた小麦粉を餃子のまわりに流し込み、全体を一つにまとめ餃子に羽がついたようなものもあります。

おいしかった手作り餃子

私は学生のころに、友人の家に行って食事を作ってもらったり、自分の家に招待したりということがよくありました。その中でも、一番印象深く、思い出に残っているのが、中国風の手作り餃子です。この餃子は、学生時代に二度食べました。一度目は、海外で音楽の仕事をしている先輩が、友人の中国人に教わった餃子でした。二度目は、同じ科に在籍していた中国人留学生と、そのお父さんが作ってくれた餃子でした。

餃子といえば宇都宮

私は餃子が大好きです。自宅で作るとなると大量に作ってしまいます。最初は美味しく食べているのですが、だんだんとお腹が苦しくなってきて、最後は必死になって食べています。自宅で少量を作るのは、意外と分量が分かりにくいんです。だからといって、焼くだけの商品や冷凍食品は、やっぱり中の具がパサパサしているような感じで美味しくないから買いたくないのです。

おすすめサイト

関連情報