餃子といえば宇都宮-日本の餃子|本場中国の餃子について

本場中国の餃子について

餃子といえば宇都宮

私は餃子が大好きです。自宅で作るとなると大量に作ってしまいます。最初は美味しく食べているのですが、だんだんとお腹が苦しくなってきて、最後は必死になって食べています。自宅で少量を作るのは、意外と分量が分かりにくいんです。だからといって、焼くだけの商品や冷凍食品は、やっぱり中の具がパサパサしているような感じで美味しくないから買いたくないのです。

餃子を作るときは、大量に作るので、お友達を呼んで餃子パーティーをすることもあります。餃子といえば宇都宮とイメージがあります。なんで餃子イコール宇都宮なのかは、詳しい理由は分かりません。しかし、宇都宮は本当に餃子のお店が多いです。普通なら、餃子店ではなくてラーメン店で餃子というのが一般的だと私は思っていますが、宇都宮では、餃子がメインのお店がたくさんあります。

メニューも焼き餃子、揚げ餃子、水餃子とそのほかのメニューは少ししかなく、お店で食べる人は、餃子とライスだけで食べているようです。おかずが餃子だけというのは、私は平気ですが、人によっては餃子だけをおかずに大量には食べたくないという人もいるようです。宇都宮の人たちはというと、本当に餃子とライスだけの夕飯というのは、一般的のようです。自宅で作る人もいますが、あれだけ餃子のお店があるのだから、お店に買いに行って、焼き立てを持って帰って自宅で食べる人が多いようです。餃子店もたくさんあるので、自分のお店、独自の味をといろいろ工夫しているようです。

おすすめサイト

関連情報