餃子の種類-日本の餃子|本場中国の餃子について

本場中国の餃子について

餃子の種類

餃子にはいろいろな種類があります。中身の餡によっても違いますし、焼き餃子、水餃子、蒸し餃子、揚げ餃子やスープ餃子など調理法によってもいろいろ変わります。そのなかでも代表的なものをいくつかご紹介します。まず、焼き餃子です。日本では代表的な食べ方です。第二次世界大戦後に中国からひきあげてきた人々が日本で広めたといわれています。油で皮をパリパリに焼いたものが普通ですが、焼く際に水でといた小麦粉を餃子のまわりに流し込み、全体を一つにまとめ餃子に羽がついたようなものもあります。

次は水餃子です。中国ではこの食べ方が一般的といわれています。焼き餃子より皮が厚く、お湯でゆでて作り、お好みでたれや黒酢などをつけて食べます。また餡に味をつけておき、たれをつけないでそのまま食べればさっぱり食べられます。日本ではゆでた餃子をスープに入れて食べるスープ餃子のほうが人気があると思われます。ちなみに中国の焼き餃子はもともと水餃子の残りを焼いてたべるものという感覚のようです。最後は揚げ餃子です。

高温の油で揚げ皮をパリパリにします。油で揚げるため他の餃子よりさくさくとした皮の食感を楽しめます。そのまま食べてもおいしいですし、お好みのたれをつけてもおいしいです。また肉やえびのような餡であればおかずになり、さつまいもやかぼちゃ、フルーツやナッツ類など甘い餡をいれれば、おいしいおやつになります。ぜひいろいろな餃子やたれを作って試してみて下さい。オリジナルの餃子を考えるのも楽しいですよ。

おすすめサイト

関連情報