日本で人気の色々な餃子|本場中国の餃子について

本場中国の餃子について

「餃子」は日本人にとって、とても親しみのある中華料理です。というか、もう「中華料理」ということを意識させないくらいに生活に溶け込んだ料理だと言えます。日本で食べられる餃子にも色々な種類がありますが、一番人気が高いのは、やはり「焼き餃子」ですね。冷凍食品やチルド食品としても、多くのメーカーから販売されていますし、スーパーのお惣菜部門にもたいてい置いてあります。表面がパリッとして中がジューシーな焼き餃子はご飯がすすみます。ご飯のおかずという感じではありませんが、スープと一緒に食べる「スープ餃子」はたくさんの野菜や魚介と一緒に食べられる餃子です。スープで食べるとえばワンタンがありますが、餃子の皮は薄いワンタンの皮と違いしっかりと食べごたえがあります。スープをアレンジすることで色々な味を試すことができます。韓国風焼き餃子の「鉄鍋餃子」も人気があり専門店もあります。大きめの皮を使って春巻きのように棒状に巻かれた鉄鍋餃子は、パリパリの皮とそのボリューム感が特徴です。日本の各地には「ご当地餃子」と呼ばれている餃子がたくさんありますが、その中によく見られるものに「一口餃子」があります。その名の通り一口サイズなので子どもにも食べやすく人気があります。居酒屋チェーンのメニューの中にもよく見られますね。作りすぎて余ってしまった餃子を一気に片付けるには「揚げ餃子」が最適です。餃子の皮は日にちが経つと硬くなって美味しく焼けなくなってしまいます。そんなときは油で揚げてパリパリにしてしまうと美味しく食べられますよ。

中国での餃子の役割とは

中国で生まれた「餃子」は国境を越え日本でもすっかり人気料理として定着しました。本場の中国でも、餃子はみんなから愛される庶民的な料理ですが、伝統のある餃子は縁起の良い特別な食べ物という面も持っています。中国で一般的に食べられているのは水餃子で、日本で人気の焼き餃子は残った水餃子を食べるための調理とされています。その水餃子も日本の水餃子のようにお湯やスープに入った状態で食べるのではなく、茹でた餃子がお皿に盛りつけられて出てくるのが一般的です。そして、日本と大きく違うのは餃子の注文の仕方です。

餃子の種類によっての楽しみ

小さい頃からよく餃子を食べる事がありました。自宅でよく食べていた餃子は焼き餃子だったと思います。先日母と話をしていた時に、母の手作り餃子を見よう見まねで姉と2人で一緒に具を入れ、皮を上手くつつんでお手伝いをしていた時もあったようです。母から聞いた餃子作りのお手伝いの話ですが、とても小さかった頃の話なのか、母が餃子作りをしていた事も自分達がそのお手伝いを楽しくしていた事も残念ながら全く記憶にありません。餃子には種類が何種類かあります。

女性にもうれしい餃子。

世間には様々な種類の餃子があります。焼き餃子や水餃子といった種類があるのはおなじみですが、その店ごとのこだわりもまたおもしろいです。大きなお皿からはみ出すほどのジャンボ餃子から、女性やお子様でも一口で食べられる小さなものまでサイズだけでも様々ですが、中の具材や皮へのこだわりを持つお店も数多くあります。たとえば、ホウレンソウやパプリカパウダー、イカスミなどでカラフルな色をつけた皮を使った餃子は味はもちろんですが、見た目でも食欲をそそられます。お店で食べる餃子も美味しいですが、お家で作るのもまたおもしろいのが餃子のいいところだと思います。

冷凍餃子の食中毒事件

私の家族は皆餃子が好きです。現在は自宅で具を作って、家族皆で餃子作りを楽しみながら食べる事が多くなったのですが、少し前まではスーパーで販売されている餃子を買って自宅で焼いて食べていました。スーパーで販売されている餃子を購入する時にはその餃子の材料がどこの物なのか、日本で作られた物なのかを確認して購入するようにしています。以前はそんな事を気にせずに安い餃子があるのであれば、その餃子を購入していました。

餃子が一皿180円のお店

餃子が一皿180円と書いてある上りがお店を取り囲むようにしてたくさんおいてあるお店があります。180円で5個入りとも書いてあって、その安さとどんな味か気になって入ってみました。お店は一軒屋で、駐車場も広く、ランチ時はとくに車が一杯になります。ラーメン自体も和風ラーメンがメインでどれもそんなに高くはない値段でした。机の上には自分で調節できる用にニンニクチップ、ラー油、ニラ入りの辛みの素が置いてありました。180円餃子は注文を実際に注文してみると、わりと小ぶりでした。

おすすめサイト

関連情報